病院で包茎手術やEDの治療を始めよう

HOSPITAL REPORT

不全

ed

若年層から高齢者の人まで男性が確実に1回は抱える事になるEDの問題があります。
これは勃起不全と言われる状態であり、男性の性機能障害となります。
精子や精巣の機能は問題が無い事から、不妊症とは違います。
このED包茎手術をしていない事が影響してかかる事もあれば、何らかの病気に関して病院で行われる治療や薬による影響でなる事もあります。
若年層でEDになっている場合最も多い理由はストレスと疲労です。
高齢者の場合は、年齢や血管の病気、心臓の病気、糖尿病による血圧の影響でEDになっている場合があります。

治療方法

EDの治療方法として、若年層はストレスからの開放や疲れを癒やす事になります。
精神的にトラウマがある場合はカウンセリング等にかかる事も必要になっています。
加齢によるEDの場合はバイアグラ等を利用して薬で一時的に機能を回復させる事か、病気を根本的な部分から治療して健康体になったり、体力を付けるようにする事で治療できます。
しかし、このED治療に利用する薬は心臓や血管や血圧に大きな影響を与える事になる為に、持病を持っている人の中には利用禁止になっている場合もあります。

バイアグラ

勃起不全の治療薬として1番最初に登場したのがバイアグラです。
これは血管を拡張する事で陰茎に血液を通し、勃起を促す事が出来る薬です。
狭心症の治療にも利用される薬品である事から、何らかの病気を持っている人は利用できません。
現在はバイアグラ以外にもシルデナフィルやシアリスと言う勃起不全の治療薬が登場しています。
どれも血管を拡張する効果がある為に、副作用として急激かつ大幅な血圧の低下が起こります。
まだED治療薬に関しての知識が広まって無かった時代には、この治療薬によって死亡事故も起こりました。
薬だと言う事を理解してクリニックで診察を受けてから利用する事が必須です。


ホットトピック

ed

不全

若年層から高齢者の人まで男性が確実に1回は抱える事…

ope

男性

密かに悩んでいる男性も多い包茎ですが、この症状を根…

カテゴリー